【遊んで英会話】英語を使った大人から子供まで楽しめるゲーム『AGO』

参考書・本・レビュー

はい、かずひです 😛 (@Kazuhiin)

 

留学から帰国し、現在子供英会話で現在働いています。そこで面白い英語のカードゲームを見つけてしまったんですよ。

遊べて、楽しくて、英語が学べるって

子供にとっても、大人にとっても

最高じゃないですか!!?

 

今日は子供たちと

一緒に遊び、学べるカードゲーム

『AGO』を紹介したいと思います!

パーティやイベントなどで

英語版『UNO』


簡単にいうと、

『AGO』は英語版のUNOです。

ただふつうのUNOとは違い、カード一枚一枚に英語の簡単なクエスチョンが書かれており、それが子供達の英語勉強になるんですね。

遊び方

基本的には『UNO』と同じで、それぞれがカードを数枚持ち、同じ色、同じ番号のカードを順に重ねていき、手札がなくなれば勝ちというゲームです。

もちろん『スキップ』や『リバース』『ドローフォー』などのようなカードもあります。

ただ、一枚一枚のカードに、英語で絵と質問が書かれています。

EXAMPLE

カードに四種類の野菜の絵が描いてあります。

そしてその下には、

“Do you like (__)?”

✔️Yes, I do.

❌No, I don’t.

と記載されており、

そのカードを出した人は次の番の人に

野菜を一種類選び、

”Do you like (選んだ野菜)?

と聞き、次の番の人が

“Yes” or “No”か答えていくという

シンプルなゲームです。

 

他にも

“What school do you go to?

などのシンプルな質問があったりなど

様々です。

カードを場に出すたびに英語に触れることができるので、ゲームをプレイするみんなが楽しく英語を学ぶことができます。

大人には簡単?

そんなことはありません。


実は『AGO』には1〜4難易度のレベルがあります。

基本子供向けのゲームには違いないんですが、レベル4の難易度のカードは大人でも意外と知らないフレーズが混じっていたりします。

そして『英会話』ということを考えた時により、英語の質問のフレーズがとっさに出てくるような訓練をすることができます。

子供と『AGO』で遊んでいて、簡単に感じてきたらレベルを1つずつ上げていきましょう。

オススメ『AGO』紹介。

まずはここから始めよう。

実際に自分が使ってみて、レベル2が子供にも大人にも始めるにはちょうど良いです。

 

シンプルでわかりやすく、日常でも使えそうな英語の質問が絵と一緒に書かれているので、始めるならここから始めましょう。

 

もし少し子供に難しく感じれば、レベル1もあります。

上級者、大人には

大人の人たちでゲームするなら、レベル4を選びましょう。「私英語に自信がない」って人も大丈夫です。

 

『AGO』は元々子供達用に作られたカードゲームなので、難しくてゲームが進行できないのようなことは起こりません。

 

知らない言葉がもしあったとしても、新しい学びとしてゲームを進めることができます。

 

逆にいうと、少し英語がわかる人にとっては、レベル4じゃないと物足りなく感じていますケースもあります。

ハロウィンパーティなどに

『AGO』は実はそのシーズンに合わせた種類のカードがあります。

 

ハロウィンパーティなどを企画していて、何か英語のゲームをやりたいなと思っている人にはもってこいのゲームですね。

クリスマスパーティにも

ハロウィン同様、クリスマスバージョンも『AGO』にはあります。

 

普段学校ではあまり習わないような、クリスマスに関する英語を学ぶことができるので、クリスマスパーティなどの際は、『AGO』で英語を楽しみましょう。

おわりに

英語は日常で使うことができる『英語の質問』が書かれているカードがたくさんあります。

つまり、、

遊べば遊ぶほど、質問が記憶に定着していきます。

自分の子供に、もしくは自分の英語勉強のために、是非購入して遊んでみてください。

ツイッター(@Kazuhiin)をフォローすると、ブログ更新をすぐお知らせできます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

バイバイ 😛

▼一緒に読みたい記事

◎『子供英会話教室はオススメか!?留学後、現在子供英会話教師が語る。

∟子供の将来を考えた時に、「英語は必要なんじゃないか」と考える親は多いですよね。そしてその時に考えることといえば「英会話教室に入れよう!」です。「なぜ英語が必要なのか?」「本当に英会話教室に入れる必要があるのか?」を徹底分析した記事。

◎『スヌーピーと英語を学ぼう!毎日7分!実は超効率が良い!

∟みんなが好きなキャラクター『スヌーピー』。実はスヌーピーを使って、効率よく英語が学べる方法があるんです。スヌーピー好きの人、あまり集中力が続かない人など必見の記事。