子供を英会話に入れたいあなた。綺麗な英語は手に入りません。

子供英会話
kazhi(かずひ)
英語系イベンターの
かずひです(@Kazuhiin)

 

「これからの時代英語ぐらいできないと」

などという思いから、子供を幼い頃から英会話教室に通わせる、親御さんはたくさんいます。

現に、高校を卒業してワーキングホリデーなどで留学に行く人も増えてきています。

 

自分も同様ワーキングホリデーの留学を経験し、現在子供英会話教師として勤務しております。

そんな自分だから言える

子供を英会話に入れる前に、多くの親が勘違いしている知ってほしい1つのことについて今日はシェアして行きたいと思います。

多くの親が勘違い

綺麗な英語は身につかない。

「仮に、3歳から週に数回、英会話教室に通わせたら、将来まあまあ綺麗な英語を話してくれるだろう」とお考えのお母さんは禁物です。

これは間違いです。綺麗な英語を話せるようになりません。

 

「幼い頃から英語に触れていれば〜」と考え、ネイティブ講師のいる英会話教室に通わせてれば、自然と英語力がつく、と考えているお母さんもたくさんいます。

これも間違いなのですね。

3歳のお子さんは、もうある程度育った立派な日本人です。つまり『英語を教わり、英語力がついていく』というスタイルは変わらないわけです。

日本人が綺麗な発音で英語を発するには、その音をしっかり教え込まなければなりません。

普段の多くの生活は日本語で行われるため、自然と身につくなどということは起こるわけがないのです。

綺麗な英語とは

まずここでいう綺麗な英語というものは、正しい発音で発せられている英語のことを指します。

せっかく、子供を幼い時から、高いお金をかけて英会話教室に通わせるなら、どうせなら綺麗な英語を喋って欲しいですよね。

 

でもちょっと考えてください。

子供が家に帰って仮に英語を喋った時に

その英語が『綺麗な英語』か『そうでない英語』かどうやって判断すればいいのでしょうか?

やらなければいけないこと

親が『発音』だけ教える。

子供が綺麗な発音を身につけるために

子供が綺麗な英語を身についているか確認するために

どうすればいいのか?

 

あなた(親)が英語の発音を覚えて、子供に教えればいいのです。

えっむり、、(汗)

と思う人もいるかもしれませんが、英語の発音を覚えることはそれほど難しくありません。

子供だけに英語を勉強させるのは、子供との関係においてもマイナスです。

あなた(親)が英語を子供に教えることによって、子供は教室で他の子供と差をつけることができ、英語に対する自信にもつながります。

最悪、子供と一緒に勉強すれば良いのです 😉

👆自分が実際使っていたオススメ本。
(2週間あればある程度覚えることが可能)

後のことを教室に任せる

「じゃあ英会話教室は何を教えてくれるの?」

っていう話ですよね。

ざっくりいうと、

英語が話せるために必要な後のこと全てです。

発音(英語の音)を覚えたからといって、英語が喋れるようにならことはお分かりでしょう。文法や単語色々覚えることがあり、何より英語に慣れる必要があります。

それらすべてのことを英会話教室に任せればいいのです。

おわりに

この記事で一番言いたいことは

『英会話教室に子供を預けてさえ入れば、勝手に子供が英語ぺらぺらになっていく』みたいな思考は絶対にいけないということです。

子供が英語勉強を頑張っているのだから、その成長を少しでも助長できるように、一緒になって頑張ってあげましょう。

英語力以外にも手にいれることができるものがきっとあります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

kazhi(かずひ)
ツイッター(@Kazuhiin)
もチェックしてね 😛



▼一緒に読みたい記事

◎【英会話スピーキング『発音暗記』と『音読繰り返し』もうこれだけ

∟英語を喋れるようになるためには『発音暗記』と『音読繰り返し』をやるだけなんです。そのために必要な参考書、やり方までわかりやすく徹底解説した記事。

◎【子供英会話時代

∟本記事同様、英会話教室について書かれた記事です。ぶっちゃけ英会話教室に子供を入れるべきなのかどうなのかがわかる記事。