『英語の発音』を知らない人が『英語の発音』を聞き取るメカニズム。

コラム

はい、かずひです 😛 (@Kazuhiin)

自分には英語勉強を始めてから、ずっと不思議に思っている疑問がありまして

「正しい英語の発音の音を全く知らないのに、ネイティブの英語の音を聞き取ることができる人」ってどうやってんの!?

という疑問です。

いきなりですがちょっと見てください。

この疑問を、『僕は愛を証明しようと思う』でも有名な『藤沢数希』さんにツイッターで質問して見ました。

つづいて、つづいて、、

本当親切な方がいるもんですよね、、

フォロワー数150000越えの人が、丁寧にリプを返してくれているんですから、、

藤沢さん、本当にありがとうございました。

さてさて本題に入ります。

2つの疑問

一見、上のツイッターの会話で完結したように見えますが、そのあと自分なりに色々考えまくってみたわけですよ。

まあずっと考えていた疑問なわけですからね。

そうするとやっぱり、まだ謎な部分が出てくるわけです。

(疑問1)スピーカーからの音声

上のツイッターでの会話で、藤沢さんは『読唇術』に近いものなんではないかとお話しされています。

ネイティブスピーカーと実際会って話していれば、相手の口の動きを確認できるし、それ以外にも手の動きや相手の雰囲気など様々なものを確認しながら、話すことができます。

その際には確かに、『読唇術』に近いようなもので対応できる人もいるかもしれません。

しかし、受験生などにおけるTOEICのようなテストではどうでしょうか!?

スピーカーから流れてくる英語は、『英語の音』からの情報しかありません。

なので『読唇術』に近いようなもので対応するのはちょっと難しいのではないかという疑問が生まれます。

藤沢さんもおっしゃている通り、それでも高学歴な日本の方は実際いますからね。

(疑問2)英語の音をカタカナに変換

もう一度リプを見ましょう。

“ネイティブの発音はカタカナに変換されて頭に入ってくるんだけど、、、”

「やっぱりその『変換』されるメカニズムがわからない!!!」という結論に行き着いてしまいます(泣)

よくよく考えると、その変換方法が謎でしかないんですよ。

「だって日本語にない音をネイティブは発していて、正しい英語の音を知らない彼らがそれらを瞬時に変換できてるってありえないでしょ!」ってやっぱ思ってしまいます。

「正しい音知ってるんじゃねーの?」って思った人に一応言いますが、それならスピーキングするときも彼らは正しい音でスピーキングするはずなんです。

考え抜いた自分の3つの見解

(見解1)推理力が長けている。

彼らは1つの英文を聞いた時に、もちろん全て理解していないと仮定します。聞き逃しているワードはいくつかあると思うんですよ。

しかし彼らは「自分が確実に聞き取ることができたワードから、その全体の文章がどういった文章なのか推理する能力が、周りよりも圧倒的に長けている」

と私は考えました。

(見解2)発想力+判断力が長けている。

例えば「”ウォーク”という音が聞こえた時に、『work(働く)』と『walk(歩く)』などの選択肢を瞬時に思い浮かべ、そこからどちらが正しいか判断する力が周りより長けている」と考えました。

(※発音を知っていれば「ウォーク」と聞いて、すぐにどちらかわかりますが、彼らは発音を知らない設定です。)

普通の感覚では「workとwalkどっちだろ?」って考えた瞬間に、次の音を聞き逃してしまい、結果的に文章全体を理解できなくなるというケースに陥りがちです。

しかし彼らは発音を知らなくても『どちらがこの文にふさわしいのか』を判断する力が『素早く、正確』だと私は考えました。

『ウォーク』という1つの単語を例に出しましたが、これがそれなりに長い文章でも当てはめることができるとも考えています。

いくつかの翻訳された日本語の文を、彼らは思い浮かべることができ、そこからどの文が正しいかの判断を感覚的に行うこともできると。

(見解3)記憶力+呼び起こす力が長けている。

上の『発想力+判断力』の続きでいうと、仮に彼らの判断が間違っていたとしますよね。

普通の感覚では、パニックになって全体の文章を見失います。

しかし彼らは、「判断が間違っていたことがわかった途端、感覚的に『圧倒的な記憶力』と『呼び起こす力』で、もう1つの候補を拾い上げ、文章を作り上げ、理解に持ってく」と考えました。

これを瞬時に、感覚的にやっていると。

おわりに

以上が私の見解です。

これらの見解はあくまで『私の仮説』にしかすぎず、真相は謎のままです。

この3つの見解の『どれかが圧倒的に高い』or『バランスよく高い』ことで、『英語の発音』を知らなくても、ネイティブのスピーキングに対応していけると仮定しています。

この記事を見て、「こういうメカニズムなんじゃない?」とか「むしろ自分がそうで、こうやってリスニングしているよ」って人などいれば、ブログやツイッターにコメントしていただけるとありがたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

バイバイ 😛