【英会話スピーキング】『発音暗記』と『音読繰り返し』。もうこれだけ。

英語勉強法・英会話

はい、カズヒです :-P(@Kazuhiin)

 

みなさん英語の勉強は順調ですか?

 

今日は

英語が聞けるようになるわけでは無い

けど

英語を話せるようになる方法

を実体験をもとにシェアします。

 

発音暗記

日本の義務教育の過程で

私たちが習った英語の中には

『発音』という部分に

あまり力を入れられてはいません。

 

理由はいたってシンプルで

義務教育で習う英語は

英会話(話す・聞く)を目的としたものではなく

『テストで点を取る』ということを

主体としてやっているからです。

 

つまりあまり必要ない訳です。

(テストで点を取る上で)

 

しかし義務教育を終えて

社会に出て、

「英語を話したい」という

「英会話」に興味を持つ人は

たくさんいます。

 

その時に

義務教育で習った英語をもとに

今までの英語の勉強法を

少しシフトチェンジする必要があります。

 

その1つがまず『発音暗記』です。

 

発音の重要性

スピーキングで一番重要なことは

相手に伝えることです。

 

しかしいくら英語で

相手に伝えようとしても

伝わらないケースがあります。

 

その原因の多くは

やはり『発音』です。

 

うまく発音できていないのです。

 

正確に言えば

うまく発音できていないのではなく

『発音』すべき音をただ知らない

だけなのです。

 

英語には『26個』の母音があり、

それに対して日本語は

『ア・イ・ウ・エ・オ』の『5個』です。

 

日本人の多くは『英語の26個の音』『日本語の5個の音』で補おうとする訳です。

 

逆に日本語を勉強している英語圏の人が

日本語を発音良く喋るのはこのためです。

(※もちろんアクセントや文法はまた別ですが)

 

音を多く持つ英語圏の人の方が

日本語の音を補いやすいということですね。

 

『発音暗記』は難しくない。

『発音暗記』を始めるにして

まずは英語単体の音を覚える必要があります。

 

母音26個の音に子音の24個の音です。

 

どうしても日本語と比べると

数がゆえに、難しく感じると思いがちですが

そんなことはありません。

 

正しい英語の音を知らない人は

たくさんいると思いますが

日本人の多くははすべての音を

ある程度、寄せて発音できます。

 

『read』と『lead』、

『heart』と『hurt』の違いを

正確に発音できなくても

『リード』や『ハート』と

言うことはできます。

 

だから一からすべて覚える

というわけではないのです。

 

おすすめの本

これは実際に私が

『発音暗記』に使っていた本です。

 

はっきり言ってめっちゃいいです。

 

実際私がやっていた

簡単な使い方の手順を説明します。

 

まず本書は

『DVD』『CD』『本書』に分かれています。

 

手順

①本書に沿いながら『DVD』を見る。

②本書に沿いながら『CD』を見る。

③本書だけで勉強。

——————————————————-

①を終えた段階で

正直かなり覚えることができます。

 

新しい発見もかなりできます。

①を二回繰り返しましょう。

 

『英語単体の音』

覚えることを目標としましょう。

——————————————————-

②を終えた段階では

この音とこの音の組み合わせでは

こう発音するというような

発音のルールがわかってきます。

 

つまり新しい英単語の発音に

対応することができるように

なってきます。

 

②も二回繰り返し

『発音のルール』を覚えることを

目標としましょう。

——————————————————-

③は所謂、復習のために行います。

 

自分が苦手な発音はなんなのか

発見することができます。

 

それを見つければ

①や②を繰り返しましょう。

 

『自分の苦手な発音』

なくすことを目標にしましょう。

 

以上の過程を行えば

発音はほぼクリアできます。

 

ここまでは本当に簡単です。

しかしここからは

その覚えた発音をコミュニケーションで

生かすことができるところまで

落とし込む必要があります。

 

その方法は『音読繰り返し』です。

 

音読繰り返し

英語が喋れる人と喋れない人の差は

ここで分かれているのではないかと

思うくらい『音読繰り返し』は

スピーキングにおいて重要です。

 

「英語をとっさに話すことができない」

「考えながらたどたどしく喋ってしまう」

「単語でしか返事できない」

などの悩みがある人は少なくはないでしょう。

 

そう言った悩みを解消してくれるのが

『音読繰り返し』です。

 

そもそもスピーキングとは

英語を思うように喋れない人は

英語を喋る(スピーキング)とき

「頭の中で文章を作らないといけない」

と思いがちですがそれは間違いです。

文章は作るのではなく覚えるものなのです。

I do understand what my teacher was talking about.
(先生が言っていたことはもちろん理解できる)

↑この文章を30回音読を繰り返し、丸ごと or PINK部分を覚えると

 

「母が喋っていたことは理解できない。」

という文章を英語で話すことができます。

 

↑この文章を話すことができると

「あいつが話していたこと覚えてる?」

という文章を英語で話すことができます。

 

英語を話すというのはこういうことなのです。

 

頭の中で文章を作るのではなく

もともと頭にある文章を

状況に応じて入れ替えるイメージです。

 

この入れ替えた文章の後に

また入れ替えた文章、

そしてまた入れ替えた文章を繋げることで

あなたは長い文章を話すことができるわけです。

 

この記事を読んだだけでは

まだイメージが掴みにくいとは思いますが

『音読繰り返し』をして

英会話を行えばイメージが自然と湧いてきます。

 

つまり英語を話すということは

文章をいかに多く覚えれるかに限ります。

 

『文章』ごと覚えているから

とっさに英語で文章』を喋ることができるのです。

おすすめの本

私が実際使っていた

『音読繰り返し』には最適の一冊です。

 

この本に至っては

勉強手順はすべてわかりやすく

本書に書いてあります。

手順

①チャンク音読
(文の要素ごとの区切りを意識しながら、ゆっくり読む。)

②ノーマル音読
(正確な発音、自然なリズム・イントネーションを心がけながら、英語を普通のスピードで滑らかに読む。)

③ささやき音読
(声を出さず、息の力だけで英文を音読する。)

④和訳音読
(英文の和訳を音読する。)

⑤感情音読
(感情を込めて英文を音読する。)

⑥タイムアタック音読
(英文を一定時間内に、感情を込めて、できるだけ速くたくさんの回数音読する)

 

※それぞれの目的は本書にしっかり記載されています。

※これらすべてを大体15分で1セットとします。

 

↑これが本書の大まかな使い方です。

 

さてさて

ここから本題ですが

このブログを見たあなたと

この本書をただ手に取った人との

差を作り上げなければなりません。

 

この本はスピーキングにおいて

今まで私が使ってきた参考書のようなものの中では

間違いなく一番有能です!

ただデメリットも少しはあります。

 

デメリット

①英語の発音を知らなければ、よっぽど耳が良い人以外は発音の上達はしない。

②上の手順のセット回数次第でスピーキング上達が変わる。

 

①まずみなさんは本書で音読を行うとき

DVD&CDでマスター 英語の発音が正しくなる本

で学んだ『発音』を意識して音読をしてください。

 

以上を行うことで

学んだ発音を会話の中で自然に無意識に

発することができるようになります。

 

②文章を丸ごと覚えるようになるまで音読してください。

すごく大変に思うかもしれませんが

実はそんなことないんです。

 

本書では1セット(15分)を

朝と夜に一回ずつを推奨してます。

 

実は結構それである程度の文章は

覚えることはできます。

 

が!

それだけでは足りません。

 

朝・夜に行うのを目標とせず

文章を覚えるのを目標として

行ってください。

 

スピーキング力が本当に見違えるように変わります!

おわりに

スピーキングにおいて『発音暗記』『音読繰り返し』は欠かすことができません。

 

『発音暗記』はコミュニケーションの伝達以外にリスニングも助けてくれます。そしてやっぱり発音が良いのはかっこいいですよね!

 

そして『音読繰り返しは』スピーキングにおける最低条件です。音読を繰り返すことでその文章が頭の中で洗練されていき自由に扱えるようになっていきます。『単語だけの返答』や『文がとっさに出ない』などの悩みを解消します。

重要なのは繰り返すことによる文章の暗記です。

「過去にこの文章言ったことある」だから流暢に喋れるようになるわけです。

 

Twitter(@Kazuhiin)をフォローすると

【ブログ更新】をすぐお知らせできます。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

バイバイ 😉