YouTubeで英語勉強の効率を上げるスリーステップ。

英語勉強法・英会話

はい、かずひです 😉

勉強には『効率』というものがあり、同じ時間、同じ『YouTube』という媒体を使って『英語勉強』していても、『方法』や『意識』によって『身につける事ができる英語力』にすごく差が出ます。

ただ英語解説の動画を何となく見ていたり、全く何言ってるかわからない海外のユーチューバーの動画を見ているだけでは、勉強している気になっているだけの可能性が非常に高いです。

今日は『英語勉強』において効率よくYouTubeを使う方法をスリーステップとともにシェアしていきたいと思います。

(ステップ1)スピーカーを決める。

「この人のように英語を喋れるようになりたい!」という人を一人決めてください。

アーティスト、ハリウッドスター、モデル誰でも構いません。全然欲張ってください。これがファーストステップです。

見つかりましたか?

なかなか見つからない人は、単純に好きなアーティストや俳優でも良いし、ユーチューバーでもオーケーです。

そして「この人の英語なんか他の人より聞きやすいかも。」って人でも全然アリです。

とりあえず一人決めましょう。

ナルシストになろう

なりたい一人を決めたなら、英語を喋る時あなたはこれからその人になり切らなければなりません。

そのためにあなたはこれからその人を様々な動画を通して観察する必要があります。

『その人がよく使うフレーズ』『その人の喋り方』をよく見て、覚えて、真似をする。それだけです。

気にすることは何もありません。誰もあなたがその人の真似をしているなんて気づくことはないし、むしろ気づかせることができれば、それはまず英語力としてかなり自信を持って良いでしょう。

自分の場合

完璧にジャスティンビーバーを意識しました。

そして完璧にナルシストになりきっています(笑)

共感してくれる人もたまにいるんですが、ジャスティンの英語って他の人より本当に聞きやすいんですよ。

インタビューなどの返答も無駄がなくシンプルで、本当に参考になります。

なので自分は『Justin Bieber』を選択しました。

(ステップ2)動画を二本決める。

スピーカーを一人決めたのなら、そのスピーカーが話している動画を二本選んでください。

個人的にはインタビュー動画がオススメです。(あまりマニアックすぎる俳優やアーティストだと見つからないかもですね笑)

二本の動画選びのポイント

同じスピーカーと言えど、『会話の内容』『会話相手』『会話している場所』によって『雰囲気』は異なります。

『非ネイティブ』ならではの感覚で、「この動画のスピーカーのこの喋り方かっこいい!」「なんかこの会話の雰囲気好きだな、、」のような『フィーリング部分』を重視して動画を選んでください。

自分の場合

この二本の動画です。

ジャスティンのプライベートまでがっつり入り込み、カジュアルな雰囲気とシリアスな雰囲気が混ざり合った興味深い内容です。

次の最後のステップでは、皆さんが選んだ動画で勉強する際の『考え方・方法』を説明します。

(ステップ3)聴く→飽きる→字幕→飽きる→2本目

聴く

さて、聴きましょう。(まあ動画なんで見るといった方がいいかもしれませんが)

仮にあなたの選んだ動画が10分だとして、一日一回、1週間』『勉強を始める前、外国人の友達と遊ぶ前など』に一回その動画を見てください。

POINT

◎「私はこの人のように英語を喋る事ができる」と心のそこから思う。

・英語勉強のモチベーションが上がる。

・英語を長く喋る感覚が身につく。

 

◎聞き流しはNG

・単純に勉強でネイティブスピーカーの英語を聞き流しで良い訳がない。

・最終的に聞き流しで理解するために、今は約10分間全力で聞き取ってみようとする。

 

◎寝る前はNG

・この勉強方法はモチベーションを注入するためのドーピングのような効果もあるため、不眠に繋がる。

これを意識し『一日一回、1週間』まずは続けます。

そして1週間後、「一日目わからなかったとこが、ほんっっっのすこしだけわかったかも」のような変化とともに、間違いなく『飽き』がやってきます。

『飽き』は次に進む合図です。

飽き→字幕

1週間同じ動画を毎日見ていたら、普通は飽きてきます。

そして1週間同じ動画を毎日見ていて、わからない部分は今後も同じ方法で見ていてもわかるようになる可能性は非常に低いです。

YouTubeの機能についている字幕をつけましょう。(※動画によって字幕のクオリティがかなり異なります)

POINT

◎字幕だけでリスニング挑戦。

・自分は聞き取る事ができていたのか、聞き取れていたが理解する事ができていなかったのか、分析する事ができる。

 

◎わからない単語、フレーズは調べる。

・知らないたんご、フレーズは調べて、とりあえず会話を理解することに努める。

・ネイティブなど英語がわかる人に聞いても良い。

 

◎『一日一回、1週間』同じく続ける。

・上記の条件のもと『勉強を始める前、外国人の友達と遊ぶ前など』に行う。

間違いなく一週目とは理解が変わり、よりそのスピーカーになりきる事ができるでしょう。

週の最後あたりには、もう一度字幕なしで挑戦したくもなります。

しかし同時にもう一度やってくるのは『飽き』です。

飽き→2本目

その動画を大方理解できるようになっても『飽き』はやっていきます。

むしろ当たり前ですよね。同じ動画を毎日2週間も見続けているんですから(笑)

2本目の動画に移りましょう。

もうおわかりですね?やることは全く同じです。

これを繰り返すんです。

2本目→?

二本目が終わり、あなたはどういった気分になっているでしょうか?

ここで2つのタイプに分かれます。

1本目が見たくなった人

◎もちろん1本目に戻リましょう。

・変化に気づく事ができる。

・一本の動画を理解する方が英語力向上につながる。

 

別の動画を見たくなった人

◎次の動画を探しましょう。

・新たな動画を見たいというモチベが重要。

・人を変えるのもあり。

・1本目の動画も所々見返しはする。

意識したい重要ポイント

多くの動画を低い理解で数多く見るより、一本の動画を深く理解する方が完全に『英語力向上』に繋がります。

しかし完璧を求めてはいけません。英語の字幕付きで7〜8割理解できれば全然次に進みましょう。

もし一本の動画を深く理解できていない状態で、別の動画に挑戦したくなった場合は挑戦しても構いません。そのモチベーションが何より重要だからです。ただその深く理解できていない動画も並行して見るように心がけましょう。

あなたが得る事ができるもの

◎スピーキング

あなたはこのスリーステップを繰り返すことによって、そのスピーカーが次何を喋るかまでがわかり、喋っているフレーズを覚え、あなた日常においてそれがそのまま活用する事ができる日がきます。

英語上達の近道は英語の文章をそのまま全て覚えることです。そのスピーカーの発音やアクセント、雰囲気まで全て覚える事ができれば完璧です。

決して英語を話すとき、「頭の中で文章を作らなければいけない」という発想になってはいけません。

覚えるのです。

◎リスニング

ここで重要なのは「いかに一本の動画の理解を高める事ができたか」です。

リスニング上達のためには数多くこなさなければいけないのは事実ですが、低い理解のまま多くの動画を見てもあまり意味話しません。

一本の動画の深く理解し、数多くの動画に触れる事ができたならば、間違いなくあなたのリスニング力は上がります。

◎モチベーション

この勉強法は最大の『モチベーション』を得る事ができます。

なぜなら私たちはそのスピーカーが何を話しているかこの勉強を通して実際に知っているので、「今日私はこのスピーカーのように話そう」と本気で思う事ができるからです。

なんども言いますが、『ナルシスト』になり、心の底からそのスピーカーになりきってください。

以上のことを続ける事ができれば、このスリーステップは『YouTube』の英語勉強において最強です。

おわりに

『YouTube』は使い方次第で、初心者から上級者までかなり『英語勉強』に役立つツールになってくれます。

日頃、暇な時間に見ている『日本人ユーチューバー』を少し変えてみるだけで、『あなたの英語力』は大きく変化するかもしれません。

ツイッターをフォローすると『ブログ更新』をすぐお知らせできます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼一緒に読みたい

YouTubeの動画勉強でつまづいた時は。←この記事の続きと言っても過言ではない記事。どうしても英語がわからずモチベーションが続かない人におすすめです。

海外の超有名youTubeチャンネル3選!←知らないと損かも!?世界中が見ている超有名YouTubeチャンネルをまとめました。トレンディング(急上昇)に常に入り込んでくるものばかりです。YouTube好きは必見!