10/20(土)『第一回イングリッシュ人狼パーティ』 ルール説明

イベント・パーティ・企画

はい、かずひです :-P(@kazuhiin)

 

この度、、、

大阪で

2018年10月20日に

第一回イングリッシュ人狼パーティを開催すことが決定しました! 😛 

👇詳細はここ!

10/20(土)第一回イングリッシュ人狼パーティ in 大阪 開催します!

今回行う『イングリッシュ人狼パーティ』のルール説明をしたいと思います。

人狼ゲームルール説明

ゲームの進行

今回は私含めるスタッフがマスターとなり、ゲームを進行していきます。

2,3グループに分けれてゲームを行い、途中席替えもあります。

そしてタブレットの『Werewolf』のアプリを使い、ゲームを進めていきます。

 

まずプレイヤーにはランダムでキャストが与えられます。

例)10人中八人が『市民』、二人が『人狼』

市民は誰が人狼であるかはわからないが、人狼はお互い人狼であることを知っています。

そしてゲームの進行は、朝と夜のターンの進行があります。

朝のターン

朝のターンで行われるのが追放会議、全員で話し合いをしながら人狼と疑わしい人物を探し出し、多数決で人狼と思われるプレイヤーを一人追放。

しかし追放された人物が必ずしも人狼とは限りません。

夜のターン

そして夜のターンは、人狼は市民を一人襲撃することができる時間となります。

ただし、その人狼が有利な夜に活躍する、特別な役職が市民に存在します。

 

今回のルール

※第一夜の殺害はなし。
∟1回目の夜は誰も死にません。人狼は襲撃をしません。

 

※第一夜の占いなし。
∟占い師は第一夜に占いができない。

役職(今回登場する)

占い師

夜、1つのプレーヤーを占い、人狼か人狼でないかを知ることができます。

役職がある市民を占った場合でも、役職まで知ることはできず、「人狼ではない」と表示される。

騎士

夜、自分以外のプレイヤーを一人選び、人狼の襲撃から守ることができます。

占い師を優先的に守るべき。

裏切り者

人狼チームの一員。つまり人狼が勝利すれば裏切り者も勝利。(必ずしもゲームで生き残る必要はない。)

裏切り者だけ残った場合は、敗北。

人狼と裏切り者は互いに認識していない。

人狼チームだが、ゲーム中は市民カウントのため、占い師の判定は「人狼ではない」と出る。

霊媒師

市民チームの一員で、朝の会議で追放された人物が、人狼か人狼でないか、その日の夜に知ることができる。

勝ち方

人狼チームの場合

ゲームは追放と襲撃を繰り返し、人狼と市民の人数が同数になれば、人狼チームの勝利。

市民チームの場合

市民が人狼を全滅させれば、市民チームの勝利となります。

ゲームのコツ

市民の役割

POINT

✔必ず全員を均等に疑う。

✔理由もなく同調して来る人狼を探す。

✔チームワークが重視される役職。

人狼のテクニック

POINT

✔占い師と騎士を第一に狙う。

✔占い師や騎士の動揺を誘う。

✔当たり前の話で疑われる時間を潰す。

✔「役職についている」と発言し追放を回避する。

実際にゲームを見てみよう

占い師、騎士入り

裏切り者入り

霊媒師入り

おわりに

今回のこの記事で紹介したルールは

第一回イングリッシュ人狼パーティの際に使用するルールです。

他にも役職はたくさんあるし、人数や細かいルールも、やり方によっては異なります。

この記事のルールが全ての人狼ゲームに当てはまるわけではないので、お気をつけください。

 

ツイッター(@Kazuhiin)をフォローすると、ブログ更新をすぐお知らせできます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

バイバイ 🙂



▼一緒に読みたい

◎【人狼ゲームで使える英語フレーズ!27選!

∟人狼ゲームを英語でやる際に使えるフレーズを役職ごとに分けて紹介しています。イングリッシュ人狼に参加する前に確認しておこう!随時更新あり。