【留学を迷っている人へ】留学の魅力は言葉にできなかったりする。ワーホリ経験者が語ります。

ワーキングホリデー・留学
kazuhi(かずひ)
国際交流イベンターの
かずひです(@Kazuhiin)

 

最近留学したい人が増えてきていますよねー

 

あなたの周りにも

留学経験がある

もしくは

留学を計画している

みたいな人は一人はいるんではないでしょうか?

 

そしてそして

あなたも留学がしたい!

とか思うこともありますよね

 

でもみんなが思う通り

お金とか時間の面でも

留学って簡単なできるものじゃなかったりもします。

(※でも最近は安くでもいけたりとか)

 

その時にやっぱり

人に相談したくなると思うのですよ。

 

そしてここからが

今回の本題なのですが

 

相談相手が少し留学に対してマイナス的な答えを言ってきた時、あなたはどうするかって話です。

 

今日はその辺りをピックアップし

話していきたいと思います。


留学で得ることができるものは言語化しにくい

まあ留学の相談をするとなれば

一番初めに思いつくのは

そして仲の良い友人とか

学生なら先生

社会人なら上司とか

まあ人によって

多少異なってくるとは思います

 

まず一番初めに問いたいのは

その相談相手は留学をしたことがありますか!?

っていうことです。

 

経験者に相談したほいが良い理由はシンプルで

留学は言葉にしづらい『学びや問題』をたくさん得ることができるからなんです。

 

えっどいうこと?

って感じですよね。

 

ではでは説明してきます。

 

経験者が思う留学の良かったと思える部分

留学メリットというのは

英語力が身につくというような

経験者以外でもわかるようなことだけでは

決してありません。

 

むしろ英語力が身につくといった

言葉にしやすいもの以外のものに

留学の魅力を感じる経験者が多くいます。

 

例えば、例えば

 

自分の将来と向き合える

留学の期間実際に自分が感じたことは

自分と対話する時間がけっこうある

ということです。

 

この対話する時間があると

自分の将来について考えることができます。

「このままでいいのかな」

「この留学経験をどう活かしていこう」

などなど

日本ではあまり得ることのできない時間や考えを、得ることができます。

 

今実際に読んでいただ頂いているこのブログも

留学中に始めたもので

この自分と対話する時間がなければ

おそらくこの記事も届けることができていませんでした。

 

将来を考えることができるきっかけをくれるのが

留学なんですね。

 

生きる力が備わる

例えばワーホリなんかで留学すると

始めは語学学校に行き

そのあと

家を探し、仕事を探して

約一年間過ごす

みたいなイメージがありますよね。

 

でも実際そこには

留学者だけが知る色々な葛藤などがあるわけです。

 

家が簡単に見つけられない

家探しといっても

簡単な仕事ではありません。

 

自分の職場の場所や

家賃などを考慮して

選ばなければいけません。

 

良い場所が見つかったとしても

ルームメイトや家主との人間関係

害虫の問題など

常にトラブルはつきものです。

 

仕事が簡単に見つけられない

家探し同様、問題になるのが仕事探し。

 

レジュメを何十枚と配っても

仕事が見つからないなんていう話は

聞いたことありますよね。

 

そして

せっかく語学勉強のため留学に来たからには

ジャパレスでは働きたくないという問題もあります。

 

仕事は特に自分の英語力と

強く結びつく問題が多数で

苦労する人は本当に苦労するわけです。

 

これが留学の醍醐味

上記にマイナスのようなことを

書いてはいますが

これをマイナスと捉えるかは

本人次第なわけです。

 

家探しの大変さや

仕事先での人間関係は

日本でももちろんあることです。

 

しかし

他言語を扱う他の国で

それらの問題に打ち勝ち

帰国した時に得ることができるこの感覚は

本当に言葉にしがたいものがあります。

 

日本でなんでもできるのではないか

とまで思ってしまうほどです。

 

留学を相談するときのポイント

経験者に相談

あなたが留学を相談したいと思える相手は

留学中も、留学後も

交流していく可能性が高いですよね。

 

そのようにな点からも

経験者に相談することをお勧めします。

 

共感してくれる部分の多さ

大変さを理解してくれる度合い

などまるで変わってきます。

 

英語力などあまり基準にしない

上記でも少し説明しましたが

留学経験者じゃない人でも

容易に想像ができそうなものを

基準に決断を下すのはあまりお勧めしません。

 

ここだけの話

思っていたより英語力が上がらない

という留学経験者の方が

自分の周りに多くいるのが現実です。

 

でも彼らはそう言った葛藤と向き合いながら

別のものを掴み取り帰国してくるわけです。

 

この記事をヒントにあなたの留学ライフを

少しで充実へのきっかけとなれば幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。



【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。