【ワーホリ留学】アトピーの人って海外でどうするの?(カナダのおすすめ保湿剤など)

ワーキングホリデー・留学

はい、カズヒです :-P(@Kazuhiin)

 

私はアトピー持ちです。

そしておそらくひどい方でしょう。

(正確には『だった。』ですが)

 

ところで『TARK』って聞いたことありますか?

アトピーの重症度を示す数値みたいなものなんですが、

 

一般のアトピーがない普通の人で

大体数値が『450』ぐらいです。

少しアトピーがひどいなって方で

『700』ぐらいですかね。

 

ワーホリでカナダに出発する一年前くらい

私はアトピーで死にかけました、、

(けっこうガチで、、笑)

 

その時TARKの検査を受けて出た結果が

30000以上

これ本当なんですよ。

 

桁は間違っていないです。

三万以上。。。

 

そこから徐々に医師と症状を抑えていき、

ワーホリでカナダに行くわけです。

 

もちろん現在はかなり良くはなりましたが、

少し症状が出たりもします。

 

『これから留学する人』『現在留学中の人』で

アトピーで悩んでいる人

是非この記事を参考にしてみてください。

~出発前~

とりあえず薬をもらおう。

アトピーがひどい人は

皮膚科などに通い

薬をもらって治療を受けているでしょう。

 

医師に留学することを伝え、

ワーホリで滞在する分だけの

薬を用意してもらいましょう。

 

一見大変に聞こえるかもれませんが

意外とそうではありません。

 

向こう(海外)で病院の制度が違うなか

薬を手に入れる方が断然大変です。

 

私はこのようにして

日本から使う分を計算して

薬を持ってきました。

POINT

※病院では、一回で渡せる薬の量が決まっています。

 

これも病院によって量が異なります。

 

だから複数回に分けて、病院へ行く必要があります。

 

必要な分を計算して足りないと感じたなら、薬を貰うために普段通っている病院と同時に、別の病院も行きましょう。私はそうしました。

 

自分が使っている薬の強さより強いものも絶対に持って行くようにしましょう!

 

何が起こるかはわかりません。持って行った方が絶対にいいです。

搭乗はできる? 薬の証明書など

ワーホリで1年間留学するとなれば

私みたいに大量の薬を持っていくことに

なる人もおそらくいるでしょう。

 

その時に

「こんだけ薬持って搭乗できるの?」

って思った人。。

 

私はこのような紙(証明書)を

医師に用意してもらいました。

薬の証明書』です。

 

がしかし全く使いませんでした(笑)

 

キャリーケースに入れた大量の薬も

一回も見られることなく

搭乗することができました。

 

ですので証明書などのようなものは

おそらく必要ないでしょう。

~出発後~

まず人によってアトピーの原因

異なってくるかと思います。

アトピーの原因

①『乾燥』などから症状が出る人。

 

②『食べ物』や『飲み物』の偏りなどから症状が出る人。

 

③『睡眠不足』や『ストレス』などから症状が出る人。
などなど、、

原因は様々です。

自分はどういう時に症状が悪化するのかを

しっかりと考え、

読み進めて行ってください。

必要不可欠『保湿剤』。

まず『保湿剤』は必須です。

 

カナダは日本と比べすごく

乾燥した気候です。

(自分が行く国の気候は日本と比べどうなのか絶対に調べましょう)

 

なのでアトピー関係なく

みんなが必要になってくるかと思います。

 

そして『①の人』は

おそらく日頃から

保湿剤を使っていると思いますが

保湿剤も薬同様日本から持っていきましょう!

 

ただし!数ヶ月分で大丈夫です!

 

理由はシンプルで

カナダにももちろん

いろんな保湿剤が売ってあるからです。

ズバリオススメのこれ!

【無印  MUJI TONING WATER FOR SENSITIVE SKIN HIGH MOISTURE】

僕ら日本人に馴染みのある

【無印良品】です!

トロントにもあるんですねこれが。

 

保湿剤は体に合う』『合わない

がありますよね。

 

カナダの保湿剤は

特にそれを私は感じました。

 

皆さんが日頃日本で使っている保湿剤が

カナダにはないってことも全然ありえます。

 

なので

数ヶ月分持って行く必要があるのです。

(流石に保湿剤も一年分はきついと思うので)

 

私は自分に合う保湿剤を見つけるのに

三ヶ月以上かかりました。

 

そう、

それが無印良品の保湿剤なんですね。

(※また後で良さを説明します)

保湿剤探しの旅

ここで少し

カナダに来た時のことを話します。

 

私がカナダに来て初めの頃、

保湿剤を求め薬局へ向かいました。

 

その時どれを買えばいいか全くわからず

今まで一度も使ったことはありませんが

敏感肌用と記載されていたのと

日本でも馴染みのあるという理由から

【NIVEA】を購入しました。

家に帰って使って見ると

正直悪い感じは全くしないのですが

化粧品のような匂いが強く

私には少し抵抗がありました。

 

これはずっと使えないと思い

別の保湿剤を求め薬局へ後日向かいます。

 

この時私はインターネットで

「カナダ 保湿剤 アトピー」などと検索し

何がおすすめなのかを調べて

行くことにしました。

 

そしてでできたのがこれ!

【Aveeno Cream】

ネットには

「この保湿剤はアトピーには害がない」

と記載されたページを発見したので

これを買いに行くことを決めました。

 

少々色々な種類がありましたが、

自分に良さそうなものを選び、

家に帰ってつけてみました。

 

しかしこれがまた失敗、、

匂いは感じませんでしたが

単純に肌に合わず、症状が悪化。。

 

2日ぐらいで使うのをやめました。

(※もちろん個人差があります)

 

そして私は少しお金を出して

良いものを買おうとこの時決心し、

ブランドの商品を

買ってみようと思いました。

 

店員さんに勧められた

【LIPIKAR SYNDET AP+】

 

や、、

 

日本で使ったことのある

【Avene Hydrance】

 

や、、

【NeoStrata】

 

などなど、、、

 

はっきり言ってどれも本当に

良いブランド

良い保湿剤だと思います。

 

ただ私に合わなかっただけなのです。。

(噂では同じ商品でも日本とカナダでは製造のされ方が違うだとか、、)

ついに見つけました。

日本から保湿剤を送ってもらおうかな

と考えていたある日

ふと目にしたのが

そう!先ほど紹介した!

【無印MUJI】です。

トロントにもあるんです。

 

なんとなく立ち寄って見ると

見つけていまいました。

 

保湿剤!

 

テスターで自分の肌に試して見ると

「これだ!」とその時思いました。

 

基本的に「乾燥肌」向けの商品が多く

いろいろな種類が売っております。

 

私がトロントで使っているのが

特に保湿力の高い

【HIGH MOISTURE】

と記載された商品です。

 

POINT

✔敏感肌用で、保湿力が高い。

✔肌に合えば世界の各地で手にいれることが簡単。

✔留学に行く前に試すことができる。

 

などなどオススメしたいポイントは

結構あります。

 

もし留学先での保湿剤を考えてる人は

留学前にでも少し試してみては

いかがでしょうか!?

 

👇Amazonでの購入はこちら

無印良品 化粧水 敏感肌用 高保湿タイプ(大容量) 400ml】←

BRITAって知ってる?

食生活の変化により

アトピーの症状が出る人も

少なくはないですよね?

 

基本的に甘いもの揚げ物

アトピーに良くないとされています。

 

カナダには美味しいクッキーやドーナツなどが

スーパーなどにすごく充実しています。

 

日頃のストレスからアトピーに

影響する可能性もありますので

これらの食べ物などとは

うまく付き合っていきましょう!

 

そして私がオススメしたいものが

これ!

「BRITA」という浄水器ですね。

 

スーパーマーケットや薬局などで

普通に売っています。

カナダの水ってどんな感じ?

アトピーの人にとって

普段の飲み水は重要です。

 

カナダの水道水

もちろん飲めないことはないです。

 

ただ日本で水には結構こだわり、

ミネラルウォーターばかりを

飲んでいた私にとっては

少し違和感を感じました。

 

スーパーなどで売っている市販の水も

少しプラスチック感みたいなものを感じ

あまり好きになれませんでした。

 

しかし水道水をこのBRITAに通すと

本当に水が美味しく飲みやすくなります。

 

日本でスーパーマーケットなどで

見ることはほとんどありませんが

留学前に一度試してみたい人は

下にリンクを貼っておきますね。

 

👇Amazonでの購入はこちら

ブリタ 浄水 ポット 2.0L アルーナ XL マクストラプラス カートリッジ 1個付き 【日本仕様・日本正規品】】←

睡眠不足やストレスに対応しよう

正直私のアトピーは

これらが一番影響しているんじゃないかな

と思います。

 

睡眠不足が続くと肌の調子が悪くなり、

皮膚に症状などが出始めます。

睡眠不足によって活動の範囲も狭まり

ストレスもたまっていきます。

なので私はカナダではここを一番意識しています。

 

どのように意識しているかと言うと

「リラックスできる場所を一つは絶対作る」

もう少し言えば

「自分の住む場所は絶対リラックスできる場所にする」

 

👇詳しくはこの記事を参考に

家賃節約しすぎて嫌な思いしてない?】←

 

ワーキングホリデーなんで

もちろんみなさん現地で働くと思います

語学学校へ行く方も少なくはないでしょう。

いやでもストレスは絶対についてくるかと思います。

 

なので私が考えるに

そのような意識はおそらく必要でしょう。

おわりに

以上がカナダへ留学を考えている

アトピーの人への対策です。

楽しい留学生活にするために

自分のアトピー症状をしっかり確認し

しっかりと色々予測し準備しましょう!

随時情報は追記していこうかなとも

思っています。

 

ツイッター(@Kazuhiin)をフォローすると

ブログ更新をすぐお伝えできます。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

バイバイ 😛




▼一緒に読みたい記事

◎【日本人女性って外国人にモテるの?海外に行く前に知っておきたい事!

∟『語学留学』とは言えど、やっぱり気になるのは本音ですよね。海外の男性はこういうことを考えている。それを理解すれば何か変わるかも!留学前の女子に必見の記事です。

海外や国内を旅する『旅女子』になるためのオススメの方法を教えます~憧れで終わらせないために~

∟色々な世界を見てみたいけど、『毎日の会社』『金銭面』『年齢』など様々な部分で、行動に移る事ができない女子に是非見て欲しい記事。